ホーム > 社協活動内容 > ぱれっとまつり・福祉の日・富士見市社会福祉大会・社会福祉推進校への支援

社協活動内容

ぱれっとまつり・福祉の日・富士見市社会福祉大会・社会福祉推進校への支援

市民交流「ぱれっとまつり」の開催

 地域福祉活動の拠点である「ぱれっと」での活動の広がりを推進するため、地区社会福祉協議会、諏訪児童館、社会福祉協議会の3者共催で「ぱれっとまつり」を開催しています。
ぱれっとまつり 祝10周年記念パネル
ブラスバンド演奏
社協コーナー(社協紹介、ぬりえ)
模擬店
     模擬店

福祉の日  

 10月1日~10月31日を「福祉の日」月間とし、毎年テーマを設けて福祉を意識してもらえるよう「毛筆」作品の募集を行い、小・中学生や市民の多くの方に参加いただいております。  
 応募全作品を富士見市立中央図書館に展示し、市長賞、市議会議長賞を選考いただき、その年度の「富士見市社会福祉大会」で表彰をしています。

富士見市社会福祉大会



多額寄付者、永年会費、奉仕者、優良介護者など
地域福祉に貢献のあった方々を表彰します。


 
  

社会福祉推進校への支援

 児童生徒の福祉教育(総合学習の一環)が推進されるよう学校と社会福祉協議会との連携を図ります。

(小学校での具体例)
 1.運動会に高齢者の方を招待
 2.高齢者疑似体験学習
 3.手話の学習(手話講話など)
 4.バリアフリーの理解
 5.福祉体験学習(車椅子など)
 6.高齢者の方を通した昔遊び
 7.目や耳の不自由な方の講話
 8.福祉施設慰問

このページの上へ